眼精疲労が原因の場合の偏頭痛対策

偏頭痛の原因となるものには、様々なものが考えられます。精神的ストレスから解放された時、家族もしくは親族からの遺伝、女性ならば生理によるホルモンバランスの乱れ、アルコール摂取による二日酔いなどです。その中で、偏頭痛の原因が眼精疲労である、という場合があります。この時の「眼精疲労が原因の場合」の対策をみていきます。

最近は「スマホ依存症」なるワードがあるように、スマホ画面ばかり見ている方が増加しています。テレビやパソコンよりも、目と画面が近いスマホは、眼精疲労にもなりやすいです。そしてそれが原因で、偏頭痛を起こすことも少なくありません。

目に蓄積された疲れやダメージが、睡眠時に回復することがなく、そのまま痛みや疲れが慢性化してしまったものが「眼精疲労」です。これが元で偏頭痛の症状をうったえている場合、目の周囲やこめかみや、痛む患部を濡れタオルや冷却ジェルで冷やすようにするとよいとされています。

緊張型頭痛の時は血流の悪化により痛みが出ますので、この場合、蒸しタオルや指の軽いマッサージなどで患部を温めることが効果的です。しかし、偏頭痛は血管が拡がりすぎて神経を圧迫して痛みが出ます。ですから、拡がってしまった血管を縮めることが大切なのです。

緊張型頭痛とは対処が間逆になりますから、覚えておきましょう。眼精疲労になると、頭痛が起こりやすくなります。日ごろから目を酷使しすぎないように注意するようにしましょう。

▲ページトップへ