偏頭痛を引き起こすストレスとそのメカニズム

偏頭痛は、色々なストレスが原因で起こります。偏頭痛が起こる前は、人間関係や仕事のプレッシャーなどといった精神的な負荷がかかっていたり、ホルモンバランスの乱れ、アルコールの摂取が多すぎたり、騒音や人混みの中にいるなどなど、必ず何らかのストレスを受けていることが多いです。

パソコンを使った仕事でストレスを受けている女性

他にも、家族からの遺伝性のもの、天候の変化や気圧の変化、睡眠不足などの原因もあります。

偏頭痛を引き起こすストレスは、上に述べた通り、多岐に渡ります。そしてそのストレスが多すぎて許容範囲を超えると、耳の上やこめかみ付近がズキンズキン・ドクンドクンと脈打つように次第に痛くなってきます。

この時の偏頭痛は、頭の中の血管が拡張を見せたり膨張したりして、太くなっている状態です。血管が太くなると、周囲に張り巡らされた神経を圧迫していきますので、非常に強い痛みを伴います。血管拡張により三叉神経が刺激されると、痛みの原因となる物質が脳に伝わり、痛みとして認識されるのです。

また、三叉神経から脳へ刺激が伝わる際に、視覚や聴覚も刺激されます。これにより、光や音にやけに敏感になったり、嘔吐や吐き気をもよおすこともあります。

偏頭痛が長引くと、刺激が刺激呼んで、痛みの悪いサイクルが始まります。いわゆる悪循環です。痛みが軽いうちに、早めに対処するようにしましょう。

頭痛が始まらないようになるべくストレスを減らしたり上手に発散する生活習慣を心がけていくことが大切です。

例えば趣味や好きなことに取り組める時間を作ったり、人間関係や仕事の悩みを相談できる人やカウンセリングを受けたり、血圧を上げるような食習慣を見直したり、痛くなる前の平常時からサプリメントを摂るようにして偏頭痛が起きにくいように体調を整えておくなどが、ストレスが原因で起こる偏頭痛の対策です。

偏頭痛対策で普段からサプリメントを摂っている女性

偏頭痛におすすめのサプリメント


頭痛・偏頭痛でお悩みの【90%以上】の方が実感

植物由来のハーブサプリメント

頭痛・偏頭痛の対策用サプリ【ずきしらずの実】