偏頭痛は天候の変化で起こるのか?

偏頭痛は天候の変化で起こるものなのでしょうか?

「低気圧になると、頭が重い」「雨が降る前は頭が痛くて、仕事や家事が全然できない・・・」偏頭痛の始まる前に、天候の変化で痛みの前兆を見分ける方もいるくらい、偏頭痛と天候の変化には密接な関係があるのではないかといわれています。

天候の変化によって偏頭痛が起こる原因としてはいくつかの説があります。一番多く唱えられているのは、低気圧による気圧の低下で脳内の血管が膨張して、血管の周囲の新毛を圧迫していくことで痛みが発生するのではないかといわれています。

血管の膨張や拡張により刺激を受けた神経は、血管の周囲に炎症を起こします。するとさらに血管が拡がりを見せて、ますます神経の刺激に拍車がかかり痛みが強くなっていくようです。

他にも偏頭痛が天候の変化で起きるのではないかといわれている理由として、低気圧になり気圧が降下していくと体内の自律神経のバランスが崩れてしまい、頭痛になるのではないかといわれています。

頭痛とまではいかなくても、低気圧になると体がやけにダルくなったり、やる気が出なくなるなどの症状が出ることがあります。これは耳の奥にある内耳器官が気圧の微妙な変化をキャッチして、自律神経のバランスを乱れさせ、頭痛が始まるのではないかと考えられています。気圧が下がりそうな天気模様の時は、カフェインが入っているコーヒーを飲んだりすると、頭痛予防になりますのでよいとされています。

▲ページトップへ