自律神経の不調は偏頭痛に影響するのか?

天候の悪い日に体調が優れず、偏頭痛になる方がいます。こういった方は特に、雨が降り出す前や天気が悪くなる前などに、頭がズキズキとした痛みをともなうことが多いようです。これは、一体なぜでしょうか?探っていきますと、どうやらこの痛みには自律神経というものが関わっているようです。偏頭痛と自律神経の不調との関係と対策をみていきます。

雨や台風の前になると決まって偏頭痛の症状が始まったりするのは、天候により気圧が激しく変化し、体内の自律神経に不調をきたすからではないかといわれています。これはまだ推測の段階ですが、一般的には、低気圧が大きく関与しているといわれています。

ですから気圧に変化が出ると自律神経に及ぼしてしまって、体の交感神経の動きを活発にさせてしまい、偏頭痛の症状を引き起こしてしまうようです。統計的に、この症状はとても多く報告されていますので、偏頭痛と自律神経の不調というものは大きく関わっていると考えられています。

このように、天気や天候が激しく変化しやすい季節の変わり目や梅雨、台風の前など、日によって目まぐるしく気圧が変化する時は頭が痛む可能性が高くなるということです。

このような時は、なるべく痛みの症状が軽く済むように普段から規則正しい生活をこころがけて、睡眠をしっかりとり、食生活にも気を配るようにしましょう。こういった普段の取り組みが、頭痛を軽減させることにつながっていきます。


頭痛・偏頭痛でお悩みの【90%以上】の方が実感

植物由来のハーブサプリメント

頭痛・偏頭痛の対策用サプリ【ずきしらずの実】