偏頭痛に悪影響のある飲食物とその理由

ワインとピザ

偏頭痛に良くない食べ物や飲み物には、どのようなものがあるのがあげていきます。

偏頭痛に良くない食べ物や飲み物として代表的なものは、赤ワインやチーズ、ココアやオリーブオイルなどです。なぜこれらが偏頭痛に良くない食べ物や飲み物なのかというと、頭痛を誘発してしまう成分を多く含んでいる食品だからです。

偏頭痛を誘発してしまう成分には、ポリフェノール、チラミン、アスパラギン酸を多く含むものなどがあります。特に、赤ワインを片手にチーズを食べるような場合、偏頭痛に良くない食べ物と飲み物が一度に摂取されてしまうので、偏頭痛が始まると痛みが相当強いものとなります。

偏頭痛は血管が拡がって、周囲の神経を圧迫して痛みが起こります。赤ワインにはポリフェノールが豊富に含まれていますし、チーズにはチラミンが豊富に含まれています。ですから、血管が余計に拡がり、痛みが倍増するのです。血管が収縮して起こる緊張型頭痛には、血管を広げる作用のある赤ワインやチーズはむしろ有効なのですが、この場合の痛みには逆効果です。

この痛みを軽減させるためには、毎日の食事でも血管が拡張しないようにする食べ物や、飲み物を摂取することが大切です。具体的にはビタミンB2を含む豚肉やヨーグルト、マグネシウムを含むアーモンドや豆腐、納豆、ひじきなどが有効です。

偏頭痛が一たび起きれば、仕事や家事も手につかず、一日が痛みとの格闘で終わってしまいます。悪影響を受ける可能性がある飲食品に注意していきましょう。

偏頭痛 サプリメント


頭痛・偏頭痛でお悩みの【90%以上】の方が実感

植物由来のハーブサプリメント

頭痛・偏頭痛の対策用サプリ【ずきしらずの実】