偏頭痛と頭痛は違うのです

偏頭痛と頭痛は一緒くたにされがちですが、実は違います。偏頭痛と頭痛は、違う種類に分けられます。

偏頭痛はまず、その痛みが時々起こることです。間隔としては、週2〜3回から月に1回くらいと、人によって幅があります。そして、痛みは数時間〜3日程度続く方が多いようです。耳の上やこめかみに痛みをうったえる方が多く、ズキンズキンという脈打つような強い痛みが出ます。嘔吐や吐き気が続いたり、光や音にとても過敏に反応してしまうという随伴症状をともなうこともあります。また、頭痛と決定的に違うのは、動くとさらに痛みが悪化してしまうという点です。

一方、頭痛には「緊張型」と「群発型」などがあります。偏頭痛との違いは、痛みに持続性があることや群発的に起こるということです。痛みは頭の片側だけ痛むこともありますし、両サイドが痛むこともあります。群発性は、目を鋭利なものでえぐり取られるんじゃないかというほどの強烈な痛みが襲います。群発型の痛みが出た時には、体を動かすことができないほどになることもありますが、基本的には軽く体を動かすと、痛みが和らぎやすいとされています。

偏頭痛と頭痛の違いには、以上のようなことがあげられます。両者は、痛みが出ると対処の仕方が変わってきますので気をつけましょう。「患部を冷やす・温める」の違いもありますし、「じっとしていたほうがよい・軽く動いたほうがよい」などという違いもあります。

偏頭痛かどうかを判断するには

偏頭痛と区別しにくいのが緊張型頭痛です。偏頭痛といっても頭痛が月に15日以上起きる慢性型の場合には、現れる間隔や症状が緊張型と似てくるからです。

痛み方や特徴などをいろいろ調べて偏頭痛と緊張型頭痛の違いがある程度わかったとしても、痛み方や痛みが続く時間などの現れ方は人それぞれ違うので判断しがたい場合も多いのです。

割と頻繁に頭痛が起こり、辛い思いをしているという方は、やはり医師の診察を受けることをおすすめします。仕事が忙しくて病院に行けないですとか、それほど頻繁ではないから病院に行って診てもらうほどではないなどの素人判断では、もしかすると何か別の病気や原因があっても見落とすことになってしまいますし、偏頭痛であったとしても誤った対応をしてしまうかもしれません。

痛くなって辛いときの対処法としては薬を飲むというのが手っ取り早いですが、市販薬も飲み過ぎは厳禁です。また、市販薬が効かなくなったなんてことにもなりかねませんから、薬で対処するにしても、医師の診断に基づいて処方された頭痛薬を決められた量と間隔で使う方が安全です。

毎日鎮痛薬を飲んていたり、一旦痛み出すと起きていられないという方も含めて、まずはしっかりと診察をしてもらいましょう。

その上で、日常生活の改善によって偏頭痛が起こりにくくなるような対策を続けていけば、徐々に辛い痛みから解放されていくはずです。

サプリメントを摂る習慣もそのひとつです。即効性のある薬とは違い、2〜3ヶ月程度続けていくうちに、自分に合っているかどうかがわかるというもどかしさはありますが、偏頭痛の起き難い体作りの役に立ちます。

詳しくはこちら


頭痛・偏頭痛でお悩みの【90%以上】の方が実感

植物由来のハーブサプリメント

頭痛・偏頭痛の対策用サプリ【ずきしらずの実】